明治古都館・正門

明治古都館・正門

明治古都館(旧 帝国京都博物館 本館)


明治古都館(旧 帝国京都博物館 本館)

明治28年10月竣工、30年5月開館。当館のシンボルともいうべき煉瓦造の建物。設計者は宮内省内匠寮技師片山東熊(かたやまとうくま)博士です。昭和44年、表門、札売場及び袖塀とともに重要文化財に指定されました。
建築面積は3,015m2(展示面積2,070m2)です。玄関ホール、中央ホールのほか、大小10室の陳列室及び中庭が左右対称に配置されています。現在は、免震改修他の基本計画を進めるため、展示は行っていません。

正門


正門

明治28年10月竣工。昭和44年に旧帝国京都博物館 本館とともに重要文化財に指定されました。

*正門は、退館および観覧券をお持ちの団体のお客様の入館にのみ、ご使用いただけます。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ