博物館ディクショナリー

仇英筆桃李園図 -中国のお花見-(きゅうえいひつとうりえんず ちゅうごくのおはなみ)

 お花見の季節になりました。日本で花見といえば、桜の花を見ることと考えてまず間違いありませんが、ところかわれば品かわるで、おとなりの中国では梅・桃・牡丹の花見が昔から盛んです。特に春の花といえば桃の花をさして呼ぶことが多いようです。

 この桃のお花見のようすを描いた桃李園図(とうりえんず)をみてみましょう。

  • 桃李園図 <知恩院>
    桃李園図 <知恩院>

桃李園図は、中国、唐(とう)時代の有名な詩人、李白(りはく)(701~762)が春の夜いとこたちと桃・李(すもも)の咲き競う園でもよおしたお花見のようすを描いています。李白は「春夜従弟(しゅんやじゅうてい)と桃花(とうか)の園(その)に宴(えん)するの序(じょ)」という文を残していますが、その内容を絵にしたものです。この一文は、中国のふるい時代のりっぱな文章を集めた『古文真宝(こぶんしんぽう)』という書物にもおさめられていますが、「春夜桃李(しゅんやとうり)の園(その)に宴(えん)するの序(じょ)」という題にあらためられ、こちらのほうが有名になってしまいました。
 中庭にすこし傾いたおおきな桃と李の木がなん本も植わっています。どれが桃で、どれが李かわかりますか。よく見てください。葉の細長いのが桃、葉が太くて短く、いくつかの花がかたまって咲いているのが李です。

 花の下におかれたテーブルには、おだんごのようなお菓子を盛った器やお酒を入れた盃が並べられています。

  • 桃李園図(部分)
    桃李園図(部分)<知恩院>

 テーブルをとりかこんで、よく似た顔の四人の人物がすわっていますが、これが李白といとこたちです。こちらに背中を向けた人と李白とおもわれる右手の人物は盃をとりあげてお酒を飲もうとしています。左手の人は花を見上げて、あごひげをなでながら、なにかしきりに考えているようすです。一番むこうにすわる人は、筆を持ち右手の机のうえにひろげた紙になにごとか書きつけようとしています。じつは、彼らは花を見ながらただ飲み食いしているのではなく、お花見の詩を順番に作っているのです。うまく詩ができ上がらないと、罰としてお酒を何杯も飲まなければなりません。
 四人のまわりではおつきのひとたちが、からになった盃にお酒をついだり、酒壷を運んだり、いそがしくしています。テーブルのそばにおかれた燭台にはローソクがともり、酒壷を運ぶ人がちょうちんを持っています。もうお花見もたけなわ。だいぶん暗くなってきましたが、月の光にてらされて花はますますくっきりと夜空にうかび出ます。

 桃李は中国では兄弟にたとえられます。桃と李の木がなかよく幹や枝をからませ支えあっている姿は、まるでお花見に集まった李白といとこたちとのかたいきずなを象徴するかのようです。この桃李園図とそのとなりの金谷園図(きんこくえんず)を描いたのは、唐よりもずっと後の明(みん)という時代の有名な画家、仇英(きゅうえい)(16世紀前半に活躍)です。二幅はいつのころかわが国にもたらされ、江戸(えど)時代から京都の知恩院(ちおんいん)で大切にされてきました。

美術室 西上
1994年4月9日

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ