博物館ディクショナリー

松藤文兵庫鎖太刀(まつふじもんひょうごくさりたち)

 刀剣(とうけん)を納(おさ)めるための豪華(ごうか)な飾(かざ)りをほどこした拵(こしらえ)の数々。その大まかな流れについては「刀の拵」で紹介しましたので、今回は金色(こんじき)に輝く松藤文兵庫鎖太刀(鎌倉(かまくら)時代、重要文化財)の細部(さいぶ)に目を凝(こ)らしたいと思います。

  • 松藤文兵庫鎖太刀
    松藤文兵庫鎖太刀

 兵庫鎖太刀は、帯に取りつく部分が「兵庫鎖」という鎖編(くさりあ)みでできた太刀をいいます。もともとこの鎖の名は「兵員<☆金+毎☆>(へいぐくさり)」と呼ばれたものがなまったもので、兵士(へいし)の道具につけるための頑丈(がんじょう)な鎖、といった意味が込(こ)められています。ですからこの形の太刀は、平安(へいあん)時代末から鎌倉時代にかけて書かれた古文書(こもんじょ)や日記(にっき)にもよく登場し、警護(けいご)を担当する貴族(きぞく)や有力武士(ゆうりょくぶし)が実際に身につけ用いたものといわれます。ただ松藤文兵庫鎖太刀の場合は、つい最近錆(さ)びついていた中身を抜くことができ、刃(は)のついていない刀身(とうしん)であることがわかって、当初(とうしょ)から神社などに奉納(ほうのう)するために制作されたものである可能性が高くなりました。

では作品を観察しましょう。握り手(にぎりて)の柄(つか)は、白い鮫革(さめがわ:実際にはエイの場合もあります)を巻き胡粉(ごふん)を塗(ぬ)っておしゃれに仕上げています。鞘(さや)は、両側に銅板(どうばん)を張(は)り上下に覆輪(ふくりん)という帯板(おびいた)を重ねて頑丈にして、その上に金めっきをしています。この金めっきは、金粉(きんぷん)を水銀(すいぎん)に溶(と)かしたものを銅板上に塗り、これを焼くことで水銀を蒸発(じょうはつ)させて銅板表面に金の膜(まく)を定着(ていちゃく)させるという、当時最も高級だった金工着色技術です。

  • 鞘の松藤文彫金
    鞘の松藤文彫金

 鞘表面には、松(まつ)の樹(き)と藤花(ふじばな)が鏨(たがね)で彫(ほ)られています。この松藤文は、実はたんなる装飾文様ではありません。太刀が制作された鎌倉時代よりもかなり前、平安時代に詠(よ)まれた和歌(わか)に「山高み松にかかれる藤の花 そらより落つる波かとぞ見る」とあるように、松の枝に掛(か)かった藤花を打ち寄せる白波に見立てるという、古典文学(こてんぶんがく)からはじまったたいへん雅(みやび)やかな意匠(いしょう)で、鎌倉・室町(むろまち)から江戸(えど)時代にいたるまで、銅製の鏡(かがみ)【写真1】や漆器(しっき)の蒔絵(まきえ)など、さまざまな工芸品の飾りに用いられ続けたものなのです。戦いのための武器の装飾にまで、自然の美しい風景や文学に親(した)しむ心を大切にしようとした当時の人たちの感性(かんせい)を、皆さんは素晴(すば)らしいと思いませんか。

  • 洲浜松藤双鳥鏡(鎌倉時代)
    【写真1】洲浜松藤双鳥鏡(鎌倉時代)
    <京都国立博物館蔵>

 さて、この太刀の作られた年代(ねんだい)をもう少し詳(くわ)しく知ろうとすると、どこに目をつけるのが良いでしょうか。わかりやすいのは、兵庫鎖の根元(ねもと)で鞘を取り巻く「足金物(あしかなもの)」という金具です。下の写真を見て下さい。平安時代後期、12世紀のものは腹帯形(はらおびがた)という単純(たんじゅん)な形で(A)、次に猪目形(いのめがた)を透(す)かすもの(B、13世紀前半)、そして表面に文様を刻(きざ)むもの(D、13世紀末〜14世紀前半)というふうに、徐々(じょじょ)に形や装飾が派手(はで)になっていきました。松藤文兵庫鎖太刀の足金物(C)は(B)と(D)の間に位置(いち)するもので、13世紀中ごろから後半にかけて制作されたことがわかるのです。

 松藤文兵庫鎖太刀は、このほかにも見どころがたくさんあります。ぜひ時間をかけ、観察してみてください。最後に一つ問題を出しましょう。柄や鞘につけられた金具には、後の時代に加えられた新しいものがありますが、いったいどれでしょう。金具の銅の地(じ)がねや金めっきの色、文様の彫り方などをよく比べてみると、古いものと新しいものの違いが見えてきますよ。

工芸室 久保
2000年3月11日

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ