寄附のお願い

京都国立博物館では、文化財の購入・展示・保管、その基盤となる調査研究や教育普及活動等の博物館事業の充実・発展を図るため、個人・団体を問わず広く寄附を募っております。また、平成知新館には募金箱を設置しておりますので、ご来館時には是非、ご厚志をよろしくお願いします。
いただいた寄附につきましては、趣旨を踏まえ大切に活用させていただきます。
皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

寄附のお申込方法

下記問い合わせ先にご連絡ください。折り返し寄附申込書をお送りさせていただきます。
なお、銀行振込でのお取り扱いとなります。

所得税法・法人税法の優遇措置について

当館を運営する独立行政法人国立文化財機構は、税法上の優遇措置の対象となる「特定公益増進法人」です。よって、当館に寄附を行っていただいた個人及び団体様は、当該寄附金について一般の法人に対する寄附金とは異なる所得税・法人税の優遇措置を受けることができます。

所得税
個人様が当館にご寄附くださった場合、「寄附金控除」の制度が利用できます。「寄附金(総所得の40%を限度)-2千円」を課税所得から控除することができます。
法人税
法人様が当館にご寄附くださった場合、その寄附金額を一般の寄附金とは別枠で損金に算入することが出来ます。損金算入限度額は、「(資本等の金額×0.375%+所得金額の6.25%)×1/2」の計算式で計算されます。

寄附の問い合わせ先

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
京都国立博物館 総務課財務係
TEL:075-541-1151(代)

寄附への御礼

平成28年4月から平成29年3月までにお受けした寄附金についてご報告いたします。

総額 5,764,173円
内訳:直接寄附5,200,000円(個人1件、法人2件)
   募金箱564,173円(うち文化財レスキュー 345,958円)

皆様のご厚志に心より感謝申し上げます。この寄附金は、文化財の収集・保存・展示・調査研究・文化財レスキュー等の博物館事業に幅広く活用させていただきます。

文化財保護基金について

京都国立博物館では、2012年4月に文化財保護基金を設立し、文化財保護事業(収集、保存、修理等〉の趣旨にご賛同いただける方々からの寄附を募っております。
皆様のご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。
詳しくは文化財保護基金HPをご覧ください。
京都国立博物館文化財保護基金

文化財保護基金への御礼

平成28年4月から平成29年3月までにお受けした文化財保護基金についてご報告いたします。

総額 1,388,520円
内訳 :直接寄附224,530円(法人3件)、基金グッズ購入1,152,698円、募金箱11,292円

皆様のご厚志に心より感謝申し上げます。この基金は、文化財保護事業〈収集、保存、修理等〉について活用させていただきます。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ