トークイベント 「見る、感じる、在りし日のもの語り」 -2016年1月17日(日)-

トークイベント 「見る、感じる、在りし日のもの語り」 -2016年1月17日(日)-

終了いたしました。多数のご参加ありがとうございました。

京都国立博物館では、直木賞受賞作家 葉室麟さんをお迎えして、当館研究員が展示作品をご紹介しながら、日本美術の楽しみ方についてお話する、トークイベントを開催いたします。

日時
2016年1月17日(日) 13:30~15:30
場所
平成知新館 講堂
定員
200名
料金
聴講無料(ただし、当日の観覧券等が必要)
参加方法
当日12時より、平成知新館1階にて整理券を配布し、定員になり次第、配布を終了いたします。

【葉室 麟 氏】
1951年、北九州小倉生まれ。西南学院大学卒業後、地方紙記者などを経て2005年『乾山晩愁』で歴史文学賞を受賞し、作家デビュー。2007年『銀漢の賦』で松本清張賞を、2012年『蜩ノ記』で直木賞を受賞。『蜩ノ記』は役所広司主演で映画化もされている。

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ