夏期講座

土曜講座

京都国立博物館では、毎年夏に、さまざまな分野の研究者が一つの共通のテーマに沿って、最新の研究成果を盛り込んだ発表を行う集中講座(夏期講座)を開催しております。

平成30年度 京都国立博物館 夏期講座のご案内

今年度は「名品を旅するⅢ」をテーマに設定し、総勢6名の講師が多彩な視点で名品を語ります。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

主 催 京都国立博物館
テーマ
「名品を旅するⅢ」
会 期
平成30年7月27日(金)・28日(土)
※1日3講、計6講座となります。見学会はありません。
会 場
京都国立博物館 平成知新館 講堂(京都市東山区茶屋町527)
7月27日(金)
9:30~9:55 受 付  
9:55~10:00 開会の挨拶 京都国立博物館 館長
佐々木 丞平
第1講
10:00~11:30
高松塚古墳・キトラ古墳壁画を守る
―古墳壁画の保存修理―
京都国立博物館
保存科学室長
降幡 順子
第2講
13:00~14:30
江戸の和ガラス
―粋なうつわ、遊びのかたち
サントリー美術館
学芸副部長
土田 ルリ子氏
第3講
14:45~16:15
灰色からみてゆく若冲
―石燈籠図屏風のグレ―
北斎館 館長
安村 敏信氏
7月28日(土)
第1講
10:00~11:30
茶碗 ―種類と美意識― 京都国立博物館
研究員
降矢 哲男
第2講
13:00~14:30
高松塚古墳壁画と古代国家の誕生
―古墳時代から律令国家へ―
京都国立博物館
主任研究員
古谷 毅
第3講
14:45~16:15
「四天王寺阿弥陀三尊像」と
「平等院雲中供養菩薩像」から
―仏師の感性と技を見る―
三井記念美術館 館長
清水 眞澄氏
募 集 人 員
200名
聴講・参加費
3,000円
申込方法
往復はがきに住所・氏名・年齢・職業・電話番号を明記の上、
京都国立博物館「夏期講座係」(〒605-0931 京都市東山区茶屋町527)
までお申し込みください。
受付期間
平成30年6月1日~10日(期間内必着)
※5月31日以前の申込は無効となります。
※申込人数が定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。
※熱で消せるボールペン(フリクションボールペン等)は使用しないでください。
beyond2020
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ