佐々木 丞平

佐々木 丞平 近世絵画

主要業績


  • 『円山応挙研究』 国書刊行会 1996年
  • 『文人画の鑑賞基礎知識』 至文堂 1998年
  • 『古画総覧Ⅰ期1-6』 国書刊行会 2000~2005年
  • 『古画総覧Ⅱ期1』 国書刊行会 2006年

過去の執筆物


2017年
  • 「ごあいさつ」『京都国立博物館120年のあゆみ』京都国立博物館 5月
  • 「与謝蕪村筆「夜色楼台図」の解釈(研究ノート)」『学叢』39号 京都国立博物館 5月
  • 「円山応挙と南禅寺(研究ノート)」『学叢』39号 京都国立博物館 5月
  • 「国宝の杜へ」『京都国立博物館開館120周年記念特別展覧会 国宝』展覧会図録(総論)京都国立博物館・毎日新聞社・NHK京都放送局・NHKプラネット近畿 10月
2014年
  • 「京都国立博物館新館「平成知新館」リニューアルオープンにあたって」『月刊文化財』610 第一法規 7月
  • 「京博の過去・現在・未来」『京博が新しくなります 至宝の数々、語ります』 クバプロ 8月
  • 「平成知新館開館を迎えて」『清風会会報』176 号 清風会 10月25日
  • 「「文化財」を守る姿勢が、新たな文化を生む」『新美術新聞』 美術年鑑社 12月21日
2013年
  • 「円山応挙の人物表現―その人体構造把握の背景―」『美術の窓』352 号 生活の友社 1月
  • 「円山応挙」『円山応挙―相国寺・鹿苑寺・慈照寺所蔵』特別展覧会図録(作品解説) 相国寺承天閣美術館 10月
  • 『円山応挙―相国寺・鹿苑寺・慈照寺所蔵』特別展覧会図録(作品解説) 相国寺承天閣美術館 10月
2011年
  • 「祇園下川原~双林寺─大雅堂旧跡」『三洋化成ニュース』464 1月
  • 「仏光寺通り室町東入る─与謝蕪村終焉の地」『三洋化成ニュース』465 3月
  • 「中秋の名月」『桑兪』9号 12月
2009年
  • 「現代のことば—修理に託す伝統継承」『京都新聞』夕刊 2月7日付
  • 「現代のことば—社会的責任」『京都新聞』夕刊 6月13日付
  • 「写生的デザインへの転換—応挙の役割とその後の展開」
    『三井家のきものと下絵—円山派がもたらしたデザインの世界—』展図録 文化学園博物館 10月
  • 「近世絵画にみる写生」『俳句教養講座 第一巻』角川学芸出版 11月
  • 『蕪村—放浪する文人』(共著)新潮社 11月
  • 「金碧画技法のルーツを追って−キリスト教絵画からの影響」『MUSEUM』 東京国立博物館研究誌No.613 4月
2008年
  • 「私の京都−文化に目と心を」『市民しんぶん』789号京都市広報課 1月1日
  • 「円山応挙ー写生で絵画観を一変」『にちよう文化 この偉人』京都新聞朝刊 1月20日
  • 「文化財は何を語るか」『現代のことば』京都新聞夕刊 1月23日
  • 「絵画は何のために描かれるかーその役割と機能」『仏教文化講座たより』74号 三十三間堂本坊 妙法院門跡 2月1日
  • 「洗練」『現代のことば』京都新聞夕刊 3月24日
  • 「未来への遺産」『現代のことば』京都新聞夕刊 5月29日
  • 「文化は平和のバロメーター」『ソフィアがやってきた』京都新聞日曜版 6月15日
  • 「家庭・環境・教育」三洋化成 7月
  • 「テンペラ画から金碧画へ」『現代のことば』京都新聞夕刊 7月30日
  • 「文化的アイデンティティー」『現代のことば』京都新聞夕刊 10月1日
  • 「面白き事もなき世におもしろく」『現代のことば』京都新聞夕刊 12月
2007年
  • 「今開く謎の19世紀」(『京都御所障壁画』展によせて 朝日新聞夕刊)2月1日
  • 「豊かに想像する心」(『現代のことば』京都新聞夕刊)7月20日
  • 「自然美」(『現代のことば』京都新聞夕刊)9月20日
  • 「京都国立博物館のこれからの取り組み」(『まなびすと』Vol.3 京都アスニー)9月
  • 「狩野永徳—勇壮華麗な天才絵師の全貌」(京都民報)10月7日
  • 「伝統による熟成」(『現代のことば』京都新聞夕刊)11月19日
  • 「絵画の楽しみ方」(『TOYRO BUSINESS』NO.128 巻頭言 自然総研)11月
  • 「学問に必要なのは心的態度である」(『私を支えた言葉』PHP研究所編)12月5日

(学叢より抽出)

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ