伊藤 信二

伊藤 信二 日本金工史・仏教工芸史

主要業績


  • 「線刻千手観音鏡像」『國華』1444 國華社 2016年
  • 「日本国宝展-「祈り、信じる力」の造形」『日本国宝展』 東京国立博物館 2014年
  • 「金銅幡-玉幡との関わりにおいて-」『東京国立博物館紀要』49 東京国立博物館2013年
  • 『幡と華鬘』(『日本の美術』542)ぎょうせい 2011年
  • 「大きな仏画を掛けること‐日本仏画の例を中心に」『巨大掛軸をめぐる文化交流‐祈りと暮らしのかたち‐』九州国立博物館 2010年
  • 『繍仏』(『日本の美術』470)至文堂 2005年

過去の執筆物


2016年
  • 「線刻千手観音鏡像」『國華』1444号 國華社 2月
  • 「梵鐘雑感」『清風会会報』183号 清風会 7月
  • 『特集陳列 丹後の仏教美術』展覧会図録(作品解説)京都国立博物館 7月
  • 「華鬘 仏の世界を飾る仏具」『博物館ディクショナリー』192 京都国立博物館 8月10日
  • 『特別展覧会 没後150年 坂本龍馬』展覧会図録(作品解説)京都国立博物館 10月
2012年
  • 『対馬宗家文庫史料絵図類等目録』(共著) 長崎県教育委員会
  • 『博物館資料取扱いガイドブック 文化財、美術品等梱包・輸送の手引き』(共著)財団法人日本博物館協会
2011年
  • 「絵巻にみる幡と華鬘」(『日本の美術542 幡と華鬘』ぎょうせい
  • “Buddhist Ritual Implements”(『Elegant perfection』The Museum of Fine Arts, Houston
2010年
  • 「国宝八角燈籠の歴史と評価」『東大寺大仏 天平の至宝』東京国立博物館
  • 「国宝の兄弟鐘-妙心寺鐘と観世音寺鐘」『京都妙心寺 禅の至宝と九州・琉球』九州国立博物館
2009年
  • 「鎮壇具」『国宝 阿修羅展』東京国立博物館
2007年
  • 『歴史と信仰の里 星宮神社の宝物』(共著)
  • 「御影・伝絵・絵伝-親鸞と本願寺歴代-」『本願寺展 親鸞と仏教伝来の道』九州国立博物館
2006年
  • 『山梨県の文化財』(共著)文化庁、山梨県教育委員会
2005年
  • 「髪繍について」『日本の美術470 繍仏』至文堂
2004年
  • 「梵鐘」『鹿苑寺と西園寺』思文閣
  • 「東大寺金銅八角燈籠の新知見‐方位銘を中心に‐」『月刊文化財』488 第一法規
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ