福士 雄也

福士 雄也近世絵画

主要業績


  • 企画展「特集 狩野派の世界2009」、静岡県立美術館、2009年
  • 企画展「伊藤若冲―アナザーワールド―」、静岡県立美術館・千葉市美術館、2010年
  • 企画展「京都国立博物館名品展 京都千年の美の系譜」、静岡県立美術館、2011年
  • 収蔵品展「静岡県浙江省友好提携30周年記念 中国絵画と日本」、静岡県立美術館、2012年
  • 企画展「江戸絵画の楽園」、静岡県立美術館、2012年
  • 企画展「世界遺産登録記念 富士山の絵画」、静岡県立美術館、2013年
  • 収蔵品展「没後150年 福田半香とその師友」、静岡県立美術館、2014年
  • 企画展「アニマルワールド―美術の中のどうぶつたち―」、静岡県立美術館、2014年

過去の執筆物


2017年
  • 「旅立つ友への贈りもの」『博物館ディクショナリー』197号 京都国立博物館 2月
  • 「登山する絵師、池大雅」『岳人』837号 ネイチュアエンタープライズ 2月
  • 「2016年の歴史学界―回顧と展望― 近世・美術」『史学雑誌』126編 5号 史学会 5月
  • 「2017年の名品ギャラリー(近世絵画編)」『清風会会報』185号 清風会 7月
  • 共著「日本人が生み出した美の精華」『淡交』885号 淡交社 9月
  • 「曾我蕭白筆 富士三保清見寺図」『國華』1464号 國華社 10月
  • 『京都国立博物館開館120周年記念特別展覧会 国宝』展覧会図録(扉解説・作品解説)京都国立博物館・毎日新聞社・NHK京都放送局・NHKプラネット近畿 10月
  • 「特別展覧会「国宝」9近世絵画 尾形光琳筆「燕子花図屏風」」『毎日新聞』朝刊 10月28日
2016年
  • 「時を超える想い―「作品」が伝えるもの―」『京都国立博物館だより』190号 京都国立博物館 4月
  • 『特別展覧会 禅―心をかたちに―』展覧会図録(作品解説) 京都国立博物館・東京国立博物館・日本経済新聞社 4月
  • 『生誕300年 伊藤若冲』展覧会図録(作品解説) 東京都美術館 4月
  • 「伊藤若冲の署名と印章について」『生誕300年 伊藤若冲』展覧会図録 東京都美術館 4月
  • 「水墨でたどる 革新者若冲の軌跡」『芸術新潮』 第67巻第5号 新潮社 4月
  • 「そして結局、「琳派」とは何なのか―「琳派イメージ」展から考える」」『視る』京都国立近代美術館ニュース482号 7月
  • 『特集陳列 生誕300年 与謝蕪村』展覧会図録(編集・作品解説) 京都国立博物館 8月
  • 「重要文化財 奥の細道図巻 与謝蕪村筆 京都国立博物館蔵」(美術館だより290 京都国立博物館⑯)『なにわ』9月号 大阪府警察 8月
  • 『特別展覧会 没後150年 坂本龍馬』展覧会図録(章解説・作品解説) 京都国立博物館 10月
  • 『特集陳列 生誕300年 伊藤若冲』展覧会図録(編集・作品解説) 京都国立博物館 12月
2015年
  • 「与謝蕪村筆 三朝図」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 1月1日
  • 「伝雲谷等顔筆 梅に鴉図襖」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 1月19日
  • 「狩野山雪筆 明皇貴妃図屛風」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 1月31日
  • 「伊藤若冲筆 群鶏図(旧海宝寺障壁画)」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 2月13日
  • 「呉春筆 芋畑図襖」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 2月26日
  • 「伊藤若冲筆 群鶏図(旧海宝寺障壁画)」『朝日新聞 名宝細見』 朝日新聞社 2月14日
  • 「拓版画の技法と系譜」『別冊太陽227 若冲百図』 平凡社 2月
  • 「天明火災図巻」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 3月11日
  • 「富士山絵画の歴史―日金山を中心に」『静岡県の名勝に関する特定の調査事業報告書』静岡県教育委員会 3月
  • 「春秋禽狗遊楽図屛風」『京都新聞 京都国立博物館蔵名品手帳』 京都新聞社 3月24日
  • 『桃山時代の狩野派』展覧会図録(作品解説) 京都国立博物館 4月
  • 「新出の探幽縮図―伝李公麟「猛虎図」(正伝寺)に関する一資料―」『國華』1434号 國華社 4月
  • 「曾我蕭白筆 富士山図」『國華』第1435号 國華社 5月
  • 「名品ギャラリーへのいざない」『清風会会報』179号 清風会 7月
  • 「祇園祭礼図屏風」『なにわ9月号 美術館だより278 京都国立博物館④』 大阪府警察 8月
  • 『世界遺産登録記念 富士山―信仰と芸術―』展覧会図録(作品解説) 静岡県立美術館・山梨県立美術館 9月
  • 「「琳派」になりたがった画家たち―画風の継承とその意味」『琳派 都を彩る』展覧会図録 京都国立博物館・日本経済新聞社 10月
  • 『琳派 京を彩る』展覧会図録(作品解説) 京都国立博物館・日本経済新聞社 10月
  • 「400年前のアニメーション」『博物館ディクショナリー』184 京都国立博物館 11月
2014年
  • 「高芙蓉筆 富士川西岸望富嶽図」『静岡県立美術館紀要』第29号、静岡県立美術館、 3月
  • 『アニマルワールド―美術のなかのどうぶつたち』展覧会図録(編集、作品解説)、静岡県立美術館、7月
  • 「動物絵画をめぐる四つの断章」『アニマルワールド―美術のなかのどうぶつたち』展覧会図録、静岡県立美術館、7月
  • 「三岳紀行図屏風」『京都新聞 京都国立博物館名品手帳』 京都新聞社 12月11日
  • 「漁楽図」『京都新聞 京都国立博物館名品手帳』 京都新聞社 12月20日
2013年
  • 辻惟雄監修『日本美術全集 第14巻 若冲・応挙・みやこの奇想』(作品解説)、小学館、2月
  • 「古画愛好の時代―狩野惟信《徽宗筆水仙鶉図模本》から見えてくること―」『美術フォーラム21』第27号、5月
  • 「富士画1000年史」『芸術新潮』第64巻第9号、8月
  • 『世界遺産登録記念 富士山の絵画』展覧会図録(編集、作品解説)、静岡県立美術館、9月
  • 「富士見のトポスとその変遷―「発見」される富士山」『世界遺産登録記念 富士山の絵画』展覧会図録、静岡県立美術館、9月
  • 大倉集古館編、板倉聖哲監修『描かれた都―開封・杭州・京都・江戸』(作品解説)、東京大学出版会、10月
  • 「大岡雲峰《日金山富嶽眺望図》について―関東南画の一系譜―」『アマリリス』No.111、静岡県立美術館、10月
  • 「司馬江漢が描いた富士山」『静岡商工会議所報 Sing』12月号、12月
  • 「池大雅筆 翠嶂懸泉図」『國華』1418号、12月
2012年
  • 「上方版画と伊藤若冲」『シンポジウム「近世版画の色と技」講演録』、城西大学水田美術館・城西国際大学水田美術館・国際学術文化振興センター、3月
  • 「服部永錫蒐集の書画帖―《縮地玅詮帖》とその周辺―」『静岡県立美術館紀要』第27号、静岡県立美術館、3月
  • 『江戸絵画の楽園』展覧会図録(編集)、静岡県立美術館、10月
  • 「楽園への招待―「かたち」と「中身」、そして「もの」としての作品」『江戸絵画の楽園』展覧会図録、静岡県立美術館、10月
2011年
  • 『京都国立博物館名品展 京都千年の美の系譜』展覧会図録(編集、作品解説)、静岡県立美術館、10月
  • 「京都上る下る―洛中洛外図を歩く」『京都国立博物館名品展 京都千年の美の系譜』展覧会図録、静岡県立美術館、10月
2010年
  • 「狩野派の世界2009展余録―戯画としての鍾馗図」『アマリリス』No.97、静岡県立美術館、4月
  • 『伊藤若冲―アナザーワールド―』展覧会図録(編集、作品解説)、静岡県立美術館・千葉市美術館、4月
  • 「伊藤若冲をめぐる二、三の問題―印章分析による作品編年の試論を中心に―」『伊藤若冲―アナザーワールド―』展覧会図録、千葉市美術館・静岡県立美術館、4月
  • 「伊藤若冲に関する史料について」『鹿島美術研究』年報別冊27号、鹿島美術財団、11月
  • 『ギッター・コレクション展』展覧会図録(作品解説)、松坂屋美術館ほか、9月
2009年以前
  • 『名所絵の世界』展覧会図録(作品解説)、静岡県立美術館、2007年11月
  • 「西福寺の若冲襖絵―鶏に投影されたイメージと晩年期における様式」『京都美学美術史学』第7号、2008年3月
  • 「円山応挙筆《桃山春景・嵐山秋景図》について―名所絵としての位置付けと賛者との関わり―」『静岡県立美術館紀要』第23号、2008年3月
  • 「若冲の手紙」『アマリリス』No.89、静岡県立美術館、2008年4月
  • 「朝鮮絵画と近世の日本絵画」『朝鮮王朝の絵画と日本』展覧会図録、栃木県立美術館ほか、2008年11月
  • 『朝鮮王朝の絵画と日本』展覧会図録(作品解説)、栃木県立美術館ほか、2008年11月
  • 「若冲と朝鮮絵画」『アジア遊学』120号、勉誠出版、2009年3月
  • 『特集 狩野派の世界2009』展覧会図録(編集、作品解説)、静岡県立美術館、2009年9月
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ