画像利用申請

京都国立博物館は従来より、東洋・日本美術の紹介や研究のために写真を利用したいという要望に応え、広く写真の貸出業務を行ってまいりました。これまでカラー写真の貸出はフィルムの複製(デュープ)によって行っていましたが、デュープフィルムの製造終了に伴いましてカラー写真の貸出を終了し、2011年10月よりデジタル画像の貸出を開始いたします。

画像利用申請の手続き

申請書様式

必ず画像貸出利用要項をご確認の上、次の様式でご申請ください。申請書は2枚組です。

画像貸出利用要項

(1)画像等利用申請書の様式
(2)画像一覧(注文票)の様式

申請書記入方法・見本

(1)画像等利用申請書見本
(2)画像一覧(注文票)見本

当館所蔵品以外の画像利用について

京都国立博物館所蔵作品以外の画像をご希望の場合は、各所蔵者発行の書面による画像利用許可を必ず添付してください。
所蔵者の画像利用許可書サンプル

画像等利用料金

1つの申請で【画像等利用料】【画像等作成料】【事務手数料】がかかります

料金表

【画像等利用料】
区分 利用目的 料金(税別) 備考
画像 出版物
(印刷媒体・
パネル作製等)
S(A6以下) 2,000円 10.5×14.8㎝程度
M(A5以下) 3,000円 14.8×21㎝程度
L(A4以下) 6,000円 21×29.7㎝程度
LL(A4より上) 9,000円 適宜サイズを確認
電子媒体出版物
(CD-ROM,DVD,BD-R等)
10,000円  
公衆配信 インターネット
(電子書籍,
オンデマンド等)
10,000円 1年経過毎に再申請が必要
TV番組,映画,
ビデオ等
20,000円 1局1番組1放送回
再放送の場合再申請が必要
マイクロフィルム 利用目的にかかわらず 50コマまで3,000円
50コマ以上1,500円
 
その他   その都度定める  
【画像等作成料】
区分   料金(税別)
デジタルデータ
(カラー・モノクロ)
1画像につき 1,000円
モノクロプリント キャビネサイズ 600円
マイクロフィルムプリント 200円~(応相談)
【事務手数料】
内容 料金(税別)
1申請あたり(国内) 2,000円
1申請あたり(国外) 5,000円+実費

申請方法

下記の4点を揃え、まずはFAXで列品管理室 特別観覧願係【FAX:075-531-7718(直通)】までお送りください。
内容確認の後、当館から担当者へ電話連絡しますので、その後申請書式一式を郵送でお送りください。

  1. 画像等利用申請書
  2. 画像一覧(注文票)
  3. 所蔵者の画像利用許可書コピー(希望作品が当館所蔵作品以外の場合)
  4. 希望画像の図版コピー(画像特定のため)

画像の送付と料金支払い

画像・許可書・請求書の送付

申請内容の審査を経て許可が下りしだい、当館より画像・許可書・請求書を郵送します。
受付から画像送付までに2〜3週間程度かかります。ご了承ください。

→画像入手を特にお急ぎの方は、Artize.netをご参照ください。
Artize.netは京都国立博物館の館蔵品デジタル画像データを取り扱う日本写真印刷株式会社が運営するサイトです。

料金支払い

国内からの申請については、料金は後払いです。当館発行の請求書に基づき、期限内に指定の銀行口座へお振込みください。振込手数料は申請者にてご負担願います。
国外からの申請については入金確認後、画像を送付します。
料金表

画像の返却

貸出したデジタル媒体(CD、DVD等)は、ご利用後には速やかに列品管理室 特別観覧願係(返却先住所は下記問い合わせ先)まで返却してください。
作業過程における画像データ等の中間生成物の管理は厳重に行い、利用終了後は必ず破棄して手元に残らないようにしてください。

成果物の提出

画像利用によって完成した印刷物など、利用の実態が分かる成果物を2部ご提出ください。

画像の目的外利用の禁止

「画像等利用申請書」に記載した利用目的以外に画像を利用することはできません。これに違反した場合は、利用許可を取り消し、利用を差し止めます。また同一申請者からの今後の申請は受け付けません。

再使用について

再版、再放送による同じ画像の利用の場合にかぎって再使用申請ができます。以前許可した許可番号を明示して再度申請をしてください。

問い合わせ先

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527
京都国立博物館 列品管理室 特別観覧願係
Tel 075-531-7517(直通)  Fax 075-531-7718(直通)
月〜金 10時〜17時まで

京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ