開館時間・観覧料・休館日

開館時間

名品ギャラリー(平常展示)
火~木・日 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
金・土曜日<6月> 午前9時30分~午後8時(入館は午後7時30分前まで)
金・土曜日<7月~9月8日> 午前9時30分~午後9時(入館は午後8時30分まで)

観覧料


名品ギャラリー(平常展示)観覧料 個人 20名以上の団体
一般 520円 410円
大学生 260円 210円

※高校生以下および満18歳未満、満70歳以上の方は無料です(年齢のわかるものをご提示ください)。
※大学生の方は学生証をご提示ください。
キャンパスメンバーズは、学生証または教職員証をご提示いただくと無料になります。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
 (*) 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※名品ギャラリーに学校の教育活動、総合学習等で小学生・中学生・高校生を引率される先生方は、無料となります。
※特別展は別料金となります。各展覧会のページをご覧ください。 特別展ページへ
※同一日の敷地外から敷地内への再入場は南門から。
※特別展開催中は、平成知新館名品ギャラリーのみのご観覧はできません。

チケット販売窓口では下記決済サービスがご利用いただけます。 ご利用いただける決済サービス

休館日

毎週月曜日、年末年始
※ただし、月曜日が祝日・休日となる場合は開館し、翌火曜日を休館とします。
<2018年度全館休館>
 4月6日(金)、9月28日(金)
 12月25日(火)~2019年1月1日(火・祝)、1月29日(火)
■特別展開催期間
・2018年4月7日(土)~ 5月20日(日)
・2018年9月29日(土)~ 11月25日(日)

上記期間中、名品ギャラリー(平常展示)のみのご観覧はできません。
入館には特別展の観覧券が必要です。

■名品ギャラリー休館期間
・2018年3月20日(火)~ 4月5日(木)※4月6日(金)は全館休館
・2018年5月22日(火)~ 6月10日(日)
・2018年9月11日(火)~ 9月27日(木)※9月28日(金)は全館休館
・2018年11月27日(火)~ 12月16日(日)

上記期間中、名品ギャラリーは閉室し、下記の料金にて庭園の屋外展示のみご覧いただけます。
一般:260(210)円 ( )内は20名以上の団体/大学生以下、満70歳以上 無料
※有料にてご入館の方には、庭園ガイド冊子がつきます。
※名品ギャラリー休館期間中は開館時間の延長はございません。

優待割引

※ご不明な点は必ず精算の際に係員へご確認ください。さかのぼっての返金等はいたしかねますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

  名称 割引条件 同伴者
京都市美術館友の会 京都市美術館友の会 会員証の提示 ご本人様のみ
京都文化博物館友の会 京都文化博物館友の会 会員証の提示 ご本人様のみ
国立京都近代美術館友の会 京都国立近代美術館友の会 会員証の提示 ご本人様のみ
国立国際美術館友の会 国立国際美術館友の会 会員証の提示 ご本人様のみ
国立民族学博物館友の会 国立民族学博物館友の会 会員証の提示 ご本人様のみ
歴史街道倶楽部 歴史街道倶楽部 会員証の提示および共通割引券の使用 ご本人様のみ
京都和敬会((公財)京都古文化保存協会友の会) 京都和敬会((公財)京都古文化保存協会友の会) 会員証の提示 ご本人様のみ
KANSAI THRU PASS KANSAI THRU PASS 3dayチケット
(訪日外国人用)
KANSAI THRU PASS 3dayチケットおよび共通優待券の提示 ご本人様のみ
dポイントクラブ dポイントクラブ
(旅鶴倶楽部)
クーポン画面の提示 ご本人様のみ
  「観光施設とくとくサービス」京の夏の旅・冬の旅
(期間限定)
「京の夏の旅」または「京の冬の旅」
パンフレットの提示
ご本人様のみ
  京都・きものパスポート 京都きものパスポート冊子等の提示および着物の着用 ご本人様のみ
京都水族館年間パスポート 京都水族館年間パスポート 京都水族館年間パスポートの提示 1名様まで
京都大学カード 京都大学カード 京都大学カードの提示 1名様まで
STACIAカード STACIAカード STACIAカードの提示 1名様まで
e-kenetカード e-kenetカード e-kenetカードの提示 1名様まで
「そうだ 京都、行こう。」 「そうだ 京都、行こう。」
エクスプレス・カード
「そうだ 京都、行こう。」エクスプレス・カードまたは優待券の提示 1名様まで
JAF JAF JAF会員証(デジタル会員証等を含む)の提示 4名様まで
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ