名品紹介

興福寺曼荼羅図(こうふくじまんだらず)

山越阿弥陀図

春日大社と興福寺を1画面に描く春日社寺曼荼羅であるが、これほど興福寺伽藍の比重が大きい例は珍しい。諸尊は金箔を絹裏から押したうえに墨線でかたどるいわゆる皆金色(かいこんじき)像で、適宜明るい彩色を加える。細密画的描写ながら荘厳(しょうごん)を尽くした豪奢な作風である。仏像群は治承4年(1180)の炎上以前を基本とし、一部鎌倉復興期の景観を加えていると見なされるが、様式の上からは鎌倉初期の制作と思われる。あるいは伽藍記録の意図が込められていたのかもしれない。現存最古の垂迹画(すいじゃくが)としても貴重な遺例である。

絹本着色96.8×38.8cm
鎌倉時代(12〜13世紀)
重要文化財
A甲129

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ