名品紹介

毘沙門天像(びしゃもんてんぞう)(十二天のうち)

毘沙門天像

この毘沙門天像は、平安時代以来、宮中の真言院で毎年正月に行なわれた修法に用いるため、大治2年(1127)に制作された十二天画像のうちの1つである。
十二天は、八方位と上下二方、それに日月を加えた方位を守護する神々。毘沙門天像は多聞天(たもんてん)とも呼ばれ、北方を守護する天部である。右手に宝棒、左手に宝塔を捧げるのは通常の姿で、座具の上に坐ってしている。
教王護国寺旧蔵の十二天像の一幅で、史料から制作年代の知られる貴重な遺例。豊潤な彩色と華やかな截金(きりかね)文様が院政期の好みをよく示し、優美な毘沙門天像となっている。

絹本著色 144.2 x 126.7cm
平安時代後期(1127)
国宝
A甲283

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ