名品紹介

帝釈天像(たいしゃくてんぞう)(十二天のうち)

帝釈天像

帝釈天像は、平安時代以来、宮中の真言院で毎年正月に行なわれた修法に用いるため、大治2年(1127)に制作された十二天画像のうちの1つである。
十二天は、八方位と上下二方、それに日月を加えた方位を守護する神々。帝釈天は梵天とともに古くからの仏教の守護神で、十二天の中では東方を守る役目を果たす。
截金(きりかね)と彩色の美しさの点では、十二幅中でも出色のものだが、脇侍(わきじ)の着衣に釈迦金棺出現図と同様の肥痩線が見られることでも注目される。

絹本著色 144.5 x 126.8cm
平安時代後期(1127)
国宝
A甲283

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ