名品紹介

風天像(ふうてんぞう)(十二天のうち)

風天像

この風天像は、平安時代以来、宮中の真言院で毎年正月に行なわれた修法に用いるため、大治2年(1127)に制作された十二天画像のうちの1つである。
十二天は、八方位と上下位二方、それに日月を加えた方位を守護する神々。風天は西北方を守護する天部である。梵名をヴァーユという。
風天は右手に風幢を捧げ、顔は老相に表われる。彩色の宝相華唐草文様は、花弁が丈高くスラリとして充実感があり、その格調の高さは抜群である。分厚い顔料の層、大ぶりな文様、練達した筆技、二重の頭光など、入念な描写に特色がある。

絹本著色 144.2 x 126.6 cm
平安時代後期(1127)
国宝
A甲283

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ