名品紹介

月天像(がってんぞう)(十二天のうち)

月天像

月天は梵名をチャンドラといい、菩薩形にあらわされる。もとインドの神であったが、密教の十二天のうちに組み込まれ、仏教の守護神となった。
この月天は宮中真言院で毎年正月に行われた後七日御修法(ごしちにちみしほ)に用いるため、大治2年(1127)に制作されたもので、毛氈座(もうせんざ)に坐るのを特色とする。脇侍が月兎を持つが、月天自身が持つこともあり、また白鵝に乗ることもある。

絹本著色 144.4 x 126.6cm
平安時代後期(1127)
国宝
A甲283

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ