名品紹介

石造ヤクシー半身像(せきぞうやくしーはんしんぞう)

石造ヤクシー半身像

ストゥーパの周囲に配された欄楯(らんじゅん)の一部で、赤味がかかった砂岩で彫成されるところから中インドのマトゥーラ地方のものと推定される。豊かな乳房をもつヤクシー像を高浮彫であらわす。ヤクシ−はインド土着の民族神で、森や樹木の精霊だったが、仏教に採り入れられて、正法を守護する神としてストゥーパのまわりなどにあらわされた。儀軌にとらわれない自由な姿と豊満な裸身を誇示することが多い。本像はカルカッタ博物館にあるヤクシ−像3躯(蘭盾浮彫)に岩質・大きさ・作風などよく似ている。同期同系の作であろう。右手に持っている珠様のものは、あるいは葡萄などの果実かも知れない。

石造
総高33.6cm
インド クシャーン朝(2世紀)
京都国立博物館

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ