名品紹介

木造不動明王像(もくぞうふどうみょうおうぞう)

木造不動明王像

天地眼の相で、宝剣・羂索を持ち、岩座上に立つ。不動明王は本来、醜く肥った童子の姿につくられるのであるが、本像は動きのない細身のからだで、着衣も身体からはあまり離れず、全身から静かに滲み出る怒りを表現しているようである。裳には華麗な彩色文様がほどこされ、衣文に添って截金(きりかね)の線が見られる。藤原時代の繊細な作風をよく伝える像である。

木造彩色(桧)
像高79.7cm
総高88.6cm
平安時代後期(12世紀後半)
C甲48
京都国立博物館蔵

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ