名品紹介

阿弥陀如来坐像(来迎印)(あみだにょらいざぞうらいごういん)

阿弥陀如来坐像(来迎印)

秀麗な目鼻だちで、数の少ない衣文は整理されて滑らかである。頭部がやや大きいのに比して、膝張が少ないという独特のプロポーションに、やや古様を感じさせるところがあるが、洗練された像容から考えて、12世紀に入ってからの製作と思われる。
本像は、京都の南部、久御山町の雙栗(さくり)神社の神宮寺であった薬蓮寺に伝来したが、明治4年に近くの西林寺に移され、昭和46年に国有となったものである。

木造(ヒノキ)漆箔
像高 140.2cm
平安時代後期(12世紀前半)
京都国立博物館
C甲21

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ