名品紹介

花隖夕陽図(かおせきようず)

花う夕陽図

惲寿平(名は格、号は南田、1633-1690)は清初の六大家と称される四王呉惲の一人で、ただ一人花鳥図を得意とした画人である。若い頃王翬(石谷)を知り、その山水画に感激し、自ら天下の第二手となるを恥じ、山水から花鳥に転じたといわれる。しかし山水画にも優れたものを残している。図は自題によって康煕10年(1971)39歳の作で、宋の恵崇に倣ったものと知れる。構図、描線、賦彩ともに温雅で、細部にもこまやかな神経がゆきとどいて、美しい湖畔の村々がやわらかく夕日に映えている。

惲寿平筆
紙本淡彩 24.2×106.1 cm
中国 清時代 康熙10年(1671年)
重要文化財
上野精一氏寄贈
A甲208

拡大図


  • 全図
    全図
  • B:左部分
    B
  • A:右部分
    A
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ