名品紹介

白衣観音図(びゃくえかんのんず)

白衣観音図

水上に突出する茸(きのこ)状の岩に座す観音を描く。観音の衣は、肥痩のある濃い墨線で、岩は飛白状に描かれ、対照を見せる。職業画家による作品であろう。岩座中に隠し落款風に、正悟と読める落款がある。上方に、明州慶元府の天童山景徳禅寺住した雲外雲岫(うんがいうんしゅう、1324年没)の賛がある。

正悟筆・雲外雲岫賛
絹本墨画
127.2×54.3 cm
中国 元時代(14世紀)
重要文化財
A甲275

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ