名品紹介

幽篁枯木図(ゆうこうこぼくず)

幽篁枯木図

弓なりにしなう枯木の幹から、鉤状の枝先の目立つ大枝が長くのび、右には一叢の篠竹が張り出している。厳しい寒気に堪えて息づく生命は力強く、すがすがしい。筆者郭(かく)ひは、江蘇京口の人で、字は天錫、晩年に退思と号した。延祐元年(1314)の科挙に落ち、学官となって、晩年、呉江儒教教授を務め、没年は、後至元から至正の初めごろと考えられている。文人や禅僧との遊談を好み、書家としても名があった。
無聞師なる人物のために描かれた本図は、処々に書法の冴を見せ、北宋以来の文人墨竹画の伝統を示している。

郭ひ筆
絹本墨画 33.0×106.6 cm
中国 元時代(14世紀)
上野精一氏寄贈
A甲143

拡大図


  • 全図
    全図
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ