名品紹介

遠浦帰帆図(えんぽきはんず)

遠浦帰帆図

中国湖南省の、瀟(しょう)水と湘(しょう)水が合流して洞庭湖に注ぐ一帯は、古くから景勝の地として知られる。この瀟湘の風光から、平沙落雁・遠浦帰帆・山市靜嵐・江天暮雪・洞庭秋月・瀟湘夜雨・煙寺晩鐘・漁村落照の八景が選ばれ、ひとまとまりに描かれるようになったのは、北宋時代、11世紀の中頃、文人画家、宋迪(そうてき)に始まるとされる。以来、多くの画家が瀟湘八景の画題を手がけているが、本図は、水墨画を得意にした、南宋時代、13世紀の禅僧、牧谿(もっけい)が描いたという図巻を、景ごとに切断し、軸装に改められたものの1幅である。切断に関わったとみなされる足利三代将軍義満(1358−1408)の「道有」鑑蔵印が図の末尾に押され、のちには織田信長の所蔵を経た大名物として喧伝されてきた。
一見、簡素な構成・筆墨ではあるが、淡墨を塗り重ねて下地を作り、その諧調の変化によって、煙霧に包まれた瀟湘地方の湿潤な大気の動きと、光の移ろいが見事に写し出されている。掩靄惨淡の状のみならず平遠の景を活用している点でも、創始者、宋迪の趣旨を具現した傑作である。

伝牧谿筆
一幅
紙本墨画 32.3×103.6 cm
中国 南宋時代(13世紀)
重要文化財

拡大図


  • 全図
    全図
  • A
    A
  • B
    B
  • C
    C
  • D
    D
  • E
    E
  • F:鑑蔵印
    F:鑑蔵印
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ