名品紹介

白描絵料紙金光明経(はくびょうえりょうしこんこうみょうきょう)巻第三

白描絵料紙金光明経 巻第三

料紙の下絵に目鼻のない人物が描かれているところから、俗に目無経(めなしきょう)と呼ばれる。もと金光明経4巻・理趣経1巻からなっていたらしく、建久3年(1192)3月13日に後白河法皇が崩御されてからしばらくたった4月1日に、法皇の菩提を弔うため、法皇ゆかりのこの料紙を用いて、写経したものと思われる。料紙の下絵は、経文とはまったく無関係の源氏物語のような物語絵の未完成画で、吹抜屋台(ふきぬきやたい=屋台の様子を描くため、屋根をとりはらった家屋のことで、大和絵独特の表現法)を舞台に、淡墨線でのびやかに男女の姿を描いている。

紙本墨画 25.0×827.0cm
鎌倉時代(1192頃)
国宝
A甲260

拡大図


  • 全図
    全図
  • D
    D
  • C
    C
  • B
    B
  • A
    A
  • H
    H
  • G
    G
  • F
    F
  • E
    E
  • L
    L
  • K
    K
  • J
    J
  • I
    I
  • P
    P
  • O
    O
  • N
    N
  • M
    M
  • D:部分拡大
    D:部分拡大
  • F:部分拡大
    F:部分拡大
  • L:部分拡大
    L:部分拡大
  • J:部分拡大
    J:部分拡大
  • P:部分拡大
    P:部分拡大
  • N:部分拡大
    N:部分拡大
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ