名品紹介

餓鬼草紙(がきぞうし)

餓鬼草紙

1巻の絵巻に収められている詞(ことば)・絵とも7段の餓鬼の物語のうちの1つで、墓に手向けられた水のしたたりをなめて、わずかに命を保つ食水餓鬼を描く。餓鬼は頚がとくに細く、手足もやせこけているのに、腹のみ肥大して、常に餓えに苦しむ様をあらわすが、この姿は人の目にはみえない。画面はこの悲惨な様子を柔軟な線と淡彩で軽快に描きだし、貴顕老若男女が雑踏する寺の門前の光景を添えて、さりげなく表現している。しかし、それは鎌倉時代の六道絵のどきつい表現にもまして、深刻な懺悔を迫るひとこまといえよう。平安時代後期に流行した一連の六道絵巻の1つである。

紙本著色 26.8×538.4cm
平安時代後期(12世紀後半)
国宝
A甲229

拡大図


  • 図
     
  • C
    C
  • B
    B
  • A
    A
  • E
    E
  • D
    D
  • G
    G
  • F
    F
  • G:左部分
    G:左部分
  • G:右部分
    G:右部分
  • D:部分
    D:部分
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ