名品紹介

粉河寺縁起(こかわでらえんぎ)

粉河寺縁起

紀伊の観音霊場粉河寺の本尊にまつわる縁起を描くもので、前半(二段)は、猟師の発願によって千手観音堂が建立された由来、後半(三段)は観音の化身が河内の長者の娘の病を癒し、それに感謝して一族皆出家して、粉河の別当となったという霊験物語を描く。
ひとつの物語を長い画面に展開する形式をとり、観音堂と猟師の踞木とを繰り返し同じ形で描く画面構成法や、勁直な線描による樹木、単純な形態の山容など全体に古風で素朴な味わいがある。

紙本著色
30.8×1984.2cm
平安時代後期(12世紀)
和歌山 粉河寺
国宝

拡大図


  • 図
     
  • 1:D
    1:D
  • 1:C
    1:C
  • 1:B
    1:B
  • 1:A
    1:A
  • 2:D
    2:D
  • 2:C
    2:C
  • 2:B
    2:B
  • 2:A
    2:A
  • 3:D
    3:D
  • 3:C
    3:C
  • 3:B
    3:B
  • 3:A
    3:A
  • 4:D
    4:D
  • 4:C
    4:C
  • 4:B
    4:B
  • 4:A
    4:A
  • 5:D
    5:D
  • 5:C
    5:C
  • 5:B
    5:B
  • 5:A
    5:A
  • 6:D
    6:D
  • 6:C
    6:C
  • 6:B
    6:B
  • 6:A
    6:A
  • 7:A
    7:A
  • 3A:部分
    3A:部分
  • 2C:部分
    2C:部分
  • 2B:部分
    2B:部分
  • 1B:部分
    1B:部分
  • 5D:部分
    5D:部分
  • 5B:部分
    5B:部分
  • 4C:部分
    4C:部分
  • 4A:部分
    4A:部分
  • 6D:部分
    6D:部分
  • 6C:部分
    6C:部分
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ