名品紹介

金銀鍍宝相華文透彫華籠(きんぎんとほうそうげもんすかしぼりけこ)

金銀鍍宝相華文透彫華籠

仏教法会の際、諸仏を供養するために蓮弁をかたどった紙の花びらが散じられる。華籠(けこ)は、この散華供養(さんげくよう)の花びらを盛る器で、正倉院に伝わるものなどから見て、古くは竹を編んだ籠を用いたらしい。
平安時代以降しだいに装飾性が強まるが、中でもこの華籠は、現存する作例中、意匠、技法両面で最も優れた加飾を行う。銅円板全面に、中心から三方向に展開する宝相華唐草文(ほうそうげからくさもん)を透彫りし、とくに外面は鋤彫(すきぼ)りを加えて立体的に表し、花芯(かしん)を線刻により表現する。全体を鍍金(ときん)し、さらに宝相華と唐草の要所に鍍銀を施している。
神照寺に伝存する16枚の華籠は、精粗により2群に分けうるが、このうち古様の5枚は、平安時代まで遡ると考えられている。

径28.5 cm
平安〜鎌倉時代(12-13世紀)
滋賀 神照寺
国宝

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ