名品紹介

鶴図下絵和歌巻(つるずしたえわかかん)

鶴図下絵和歌巻

本阿弥光悦の書蹟の代表作ということでも従来から著名な1巻。装飾芸術家としての俵屋宗達(活躍期、1602−1635)の真骨頂がみごとに発揮された作品である。描かれているモチーフはただ鶴のみに限られる。長大な巻物の冒頭から繰り広げられる鶴の群れは、一様に金と銀の泥で表現される。あるいは飛翔し、あるいは羽を休めて寄りつどう鶴の姿態は、単純そのものの筆使いで捉えられていながら、そのシルエットの美しさは比類がない。料紙装飾という限定された課題のなかで、ぎりぎりまで個性を表出し得た宗達の手腕を見てとることができよう。

絵 俵屋宗達筆
書 本阿弥光悦筆
紙本著色 34.0×1356.0cm
江戸時代(17世紀)
重要文化財
A甲364

拡大図


  • E
    E
  • D
    D
  • C
    C
  • B
    B
  • A
    A
  • J
    J
  • I
    I
  • H
    H
  • G
    G
  • F
    F
  • O
    O
  • N
    N
  • M
    M
  • L
    L
  • K
    K
  • S
    S
  • R
    R
  • Q
    Q
  • P
    P
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ