名品紹介

蓮池水禽図(れんちすいきんず)

蓮池水禽図

蓮池水禽図は宋元画に著色画の例をいくつか見ることができるが、宗達は2茎の蓮と2羽のかいつぶりを水墨のみで、あっさりと描いている。それでいて、今を盛りの白蓮とすでに花弁の散り落ちた蓮の実。次なる餌を求めて小波をたてる1羽と、静かに足を休める1羽という対照の妙を、柔らかい筆づかいときらめくような墨色をもって描き得ている。画面左下隅に「伊年」印があるのみで落款もないが、宗達の水墨技法の極を示す作といえよう。

俵屋宗達筆
紙本墨画 116.0×50.0cm
江戸時代(17世紀前半)
国宝
A甲261

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ