名品紹介

仙人高士図(せんにんこうしず)

仙人高士図

現在は屏風仕立てになっているが、画面上に引手跡が見られるので、本来は襖絵だったものである。したがって、画面を連続させると、画面の向って右側の人物たちが右上を見上げた形で途切れる、という中途半端な構図になる。飛び去る仙人が描かれていたものであろうか。
建仁寺の1塔頭の障壁画の一部を屏風にしたと伝えられるが、確認できない。だが、本屏風の筆法および顔貌表現が狩野永徳筆と認められている「許由巣父図」(東京国立博物館蔵)と、極めて似通っていることが注目される。画面のどこにも弛緩したところのない、桃山水墨画の代表的作品。

狩野永徳筆
紙本墨画 155.0×361.4cm(各)
桃山時代(16世紀後半)
重要文化財
A甲542

拡大図


  • 右隻全図
    右隻全図
  • C:右隻 第5,6扇
    C:右隻 第5,6扇
  • B:右隻 第3,4扇
    B:右隻 第3,4扇
  • A:右隻 第1,2扇
    A:右隻 第1,2扇
  • 左隻全図
    左隻全図
  • F:左隻 第5,6扇
    F:左隻 第5,6扇
  • E:左隻 第3,4扇
    E:左隻 第3,4扇
  • D:左隻 第1,2扇
    D:左隻 第1,2扇
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ