名品紹介

群鶏図(ぐんけいず)(襖・壁貼付9面の内)

群鶏図

京都伏見の海宝寺(黄檗宗)の方丈に描かれていたもの。わずかに失われた画面を加えれば、およそ10メートルにもおよぶ連続画面となり、伊藤若冲(1716-1800)の大画面作品としては、大阪の西福寺の同画題画をしのぐ。また本図は、西福寺画が総金地著色画であるのに対して素地水墨画であるが、奇しくも両図は同じく寛政2年(1790)の制作である。若冲晩年期水墨画の基準作例。

伊藤若冲筆
紙本墨画
(襖)(各6面)
 縦176.5cm
 横91.5cm
(壁貼付)
 縦176.5cm 横179.0cm
 縦203.5cm 横111.0cm
 縦199.0cm 横108.5cm
江戸時代(1790)
A甲355

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ