名品紹介

枯木猿猴図(こぼくえんこうず)

枯木猿猴図

桃山時代に狩野派と拮抗する制作活動をした長谷川等伯(1539-1610)の代表的作品。
現在は2幅の掛軸装に仕立て直されているが、本来は屏風であって、その4扇分が現存しているわけである。ひょう<衣へん+表>背墨書によれば、もと、加賀・小松城主の前田利長侯の蔵するところという。
等伯は能登半島の根元にある七尾の出身で京に上ってから本法寺の庇護を受け、さらに千利休にも可愛がられたので大徳寺に出入りするようになった。明らかに本図は、大徳寺が蔵する中国鑑賞画中の至宝である牧谿筆「猿猴図」(国宝)の直接的な影響のもとに成った作品である。

長谷川等伯筆
紙本墨画
各155.0×115.0 cm
桃山時代(16世紀)
京都 龍泉庵
重要文化財

拡大図


  • 左
  • 右
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ