名品紹介

流水文銅鐸(りゅうすいもんどうたく)

流水文銅鐸

銅鐸は、弥生時代に近畿地方を中心とする地域で、農業共同体の祭祀に使用された祭器である。普段は、集落から離れた丘陵の頂部付近などに埋納しておき、祭祀に際に土中からとりだして、使用したと考えられている。この銅 鐸の最大の特徴は身に鋳出された流麗な流水もんであるが、これは弥生時代中期初頭の畿内の土器流水文を祖型として、銅鐸の画面にあうように変化させたものである。

高46.1cm
弥生時代(紀元前1世紀頃)
京都府与謝郡加悦町
明石須代神社境内出土
重要美術品
京都国立博物館
J甲232

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ