名品紹介

三彩釉骨蔵器(さんさいゆうこつぞうき)

三彩釉骨蔵器

器形は正倉院の薬壷に酷似しているが、なかに火葬骨が納まっていた。蓋、身ともに白色、緑色および褐色のいわゆる三彩釉が斑点状にかけられている。その色調は鮮明で、器形、その手法などからみて奈良時代の作と考えられ、奈良三彩の代表作に数えられる。
本品は内部に円形の刳り込みのある滑石製の櫃に納められていたが、遺構については、石櫃に埋蔵されていたほかは何らの施設もみられなかったという。昭和38年10月出土。

総高22.5cm 胴径27.6cm
奈良時代(8世紀)
和歌山県伊都郡高野口町北名古曽出土
重要文化財
京都国立博物館
J甲259

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ