名品紹介

突線鈕式袈裟襷文銅鐸(とっせんちゅうしきけさだすきもんどうたく)

突線鈕式袈裟襷文銅鐸

江戸時代に、梅林寺の近くの比久尼城から出土したと伝えられる銅鐸である。銅鐸は、鈕が吊手としての機能を失う過程に従って4型式に大別できるが、本鐸は、そのうち最も新しい突線鈕式に属する。さらに細かくいえば、突線鈕式の中でも最も新しい5式に比定できる。この段階になると、全長1mを越える大型になり、身には突線と呼ばれる太い線が縦横に飾られるようになる。この梅林寺所蔵鐸は、同型式の銅鐸の中でも保存状態が非常に良好であり、当時の鋳造技術を考える上でも極めて貴重な資料である。

高107.0cm
弥生時代後期(3世紀)
京都府与謝郡野田川町比久尼城出土
京都 梅林寺
重要文化財

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ