名品紹介

崇福寺舎利容器(すうふくじしゃりようき)

崇福寺舎利容器

崇福寺は大津京鎮護の寺として営まれたもので、創建は天智朝である。堂塔は谷川を隔てた三つの尾根に分かれて営まれている。塔跡の発掘調査が昭和13年に行なわれ、心礎の側面にある舎利孔から舎利容器と、これを納める外容器およびこれに伴う各種の荘厳具が出土した。舎利容器は金銀の蓋をもつ緑ガラス製小壷で、水晶の舎利3粒が納められていた。外容器は金製・銀製・金銅製の箱が入れ子になっている。荘厳具として紫水晶・ガラス玉・硬玉製丸玉・無文銀銭・金銅背鉄鏡・銅鈴などが伴っていた。

舎利容器高 3.0cm
飛鳥時代(7世紀後半)
大津市滋賀里町長尾出土
滋賀 近江神宮
国宝

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ