名品紹介

金銅威奈大村骨蔵器(こんどういなのおおむらこつぞうき)

金銅威奈大村骨蔵器

江戸時代の明和年間に発見されたもので、甕を伏せた下からこの骨蔵器が出土したと伝える。球形の容器で、蓋と身が半球形に分かれる特殊な形である。よく似たものに佐賀県出土と伝えられる無銘のものがある。威奈大村骨蔵器は蓋裏に1行10字詰め39行319字におよぶ銘が刻まれている。これには、威奈大村が宣化天皇の子孫にあたり、持統朝に任官、文武朝に少納言、大宝令制定とともに従五位すなわち貴族に列せられ、慶雲2年(705)に越後守に任ぜられるが、同4年に任地で歿したこと、そして故郷の大和の葛城下郡山君里、今の香芝市穴虫の地に葬ったことが記されている。

高24.2cm
飛鳥時代(707)
奈良県香芝町出土
大阪 四天王寺
国宝

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ