名品紹介

松皮菱小花文様小袖(まつかわびしこはなもんようこそで) (染分綸子地 紋繍箔)

松皮菱小花文様小袖

辻が花に類する紋染で松皮菱形の段替りを構成し、細やかな刺繍と摺箔でさらに段文様をあらわす。刺繍は桃山時代の気分の大きさを名残りとしつつ、小文様を集合させ割り付けるという、江戸時代的な様相をしめす。注目されるのは金の摺箔で、黒紅地の部分に、まさに「地無し小袖」とよばれるように、枝垂桜や霞、青海波などの細緻な小紋型が詰められている点である。金色が濃色に映えるのはいうまでもないが、桃山時代よりも一段と光沢は冴え、それは箔を定着する接着剤や金箔の質の変化を想像させる。

丈139.5cm 裄62.5cm
江戸時代初期(17世紀)
重要文化財
I 甲367

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ