名品紹介

束熨斗文様振袖(たばねのしもんようふりそで)(緋紋縮緬地 友禅染・紋・繍・箔)

束熨斗文様振袖

江戸時代の友禅染を代表する1領。左肩で束ねられた色とりどりの熨斗が振袖いちめんにひるがえる華やかな意匠である。紅の紋縮緬(ちりめん)地に絞り染で熨斗の部分を白く揚げたのち、熨斗鮑(のしあわび)の一条一条を金糸の刺繍で縁取りして、そのなかに松竹梅、桐、竹、鳳凰、鶴、牡丹、青海波、蜀江文などさまざまな吉祥文様を配している。文様は友禅染を主体に、刺繍や摺箔、摺匹田など多彩な技法が見られる。振袖から溢れんばかりの熨斗鮑、そのなかに吉祥の文様を重ね、派手やかに彩ったこの振袖には、江戸時代中期の美意識が端的にあらわれている。

丈156.5cm 裄58.5cm
江戸時代(18世紀)
京都 友禅史会
重要文化財

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ