名品紹介

古今和歌集(こきんわかしゅう) 巻第十二残巻

古今和歌集

内題はないが、古今集第十二恋歌二の巻頭の和歌49首、132行分の残巻である。料紙は夾竹桃文様の雲母箔摺胡粉地唐紙8枚を継いでいる。古今集の写本としては異同が多く奏覧本の系統ではない。文字の形がまる味をおびて書かれているのが特徴で、その余白のとり方、散らし書の連綿は見るべきものがある。古来、小野道風の筆蹟といわれ、その個性味あふれた書風は、料紙の美しさと相俟って「名物切第一の切なり」といわれ特に尊重愛好されてきた。本阿弥光悦が所持していたとの伝承から本阿弥切と呼ばれている。

彩牋墨書 16.7×全長244.0cm
平安時代後期(11世紀)
国宝
B甲548

拡大図


  • C:部分
    C
  • B:部分
    B
  • A:部分
    A
  • F:部分
    F
  • E:部分
    E
  • D:部分
    D
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ