名品紹介

紺紙銀字 文殊師利問菩提経(こんしぎんじ もんじゅしりもんぼだいきょう)

紺紙銀字 文殊師利問菩提経

紺紙銀字の高麗写経の代表的遺品。奥書より至元13年(1276、忠烈王2年)に高麗国忠烈王(1275-1308在位)が発願した銀字の大蔵経の1巻であることが知られる。実にしっかりとした筆致で経文が書写されており、表紙には金銀泥で韋駄天と思われる神像が描かれている。毎行14字の体裁で、首題下には千字文による函次表示があるが、経文の末尾の部分は欠失している。また折本に改装するにあたって天地が截たれたのか界上界下のゆとりが少なくなっている。
忠烈王は何度か銀字の大蔵経書写を発願しているが、国王の発願だけにその出来ばえは実にすばらしい。

25.8×14.4cm(全長357.3cm)
朝鮮 高麗時代(1276)
重要文化財
B甲675
京都国立博物館

拡大図


  • 見返し
    見返し
  • 巻末
    巻末
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ