名品紹介

浄名玄論(じょうみょうげんろん)

浄名玄論

『浄名玄論』8巻は、中国隋代に於て三論宗の教学を大成した嘉祥大師吉蔵(549-623)が著わした『維摩経』の研究書である。この写本は、巻第四と巻第六に慶雲3年(706)12月の奥書を有しており、紀年をもちいて書写年代を明らかにした我が国最古の仏典で、古写経史上稀覯の遺品として夙に有名である。ただ8巻のうち、巻第一は平安時代、巻第二と巻第五は鎌倉時代の補写本であり、巻第七と巻第八を除いた他の3巻も巻首が補写されている。
六朝風の趣を湛えた書体は書道史の上でも貴重な筆跡であり、加えて各巻に付されている訓点類は国語学の上からも注目される資料である。

巻第四(8巻の内)
紙本墨画 28.0×580.5cm
白鳳時代(706)
国宝
B甲671

拡大図


  • 巻末部分
    巻末部分
  • 巻末
    巻末
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ