名品紹介

宋拓(そうたく)王羲之十七帖(おうぎしじゅうしちじょう)

宋拓 王羲之十七帖

巻首にある「十七」の2字をとって十七帖と呼ばれ、東晋王羲之の草書の最もすぐれた帖として世に書中の龍といわれている。内容はいずれも尺牘でその大部分は当時蜀にいた周撫にあてたものと推定されている。
有名な蘭亭叙と同じく唐の太宗が王羲之の書を集めたときに編集したもので、末尾に「勅」とあり、跋語によって、ちょ遂良といった唐初の能筆家に命じて臨搨させ、弘文館の子弟に与えて習字の手本に供されたことが窺える。これがいわゆる館本とよばれ十七帖中最高のものとされている。なかでもこの帖は墨色も古く欠けた所も少ないので、石に刻して間もない時に刷ったと考えられ、現在十七帖中屈指の名帖である。

墨拓 25.1×16.4cm
上野精一氏寄贈
B甲336

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ