名品紹介

王羲之書扇図(おうぎししょせんず)

王羲之書扇図

書聖王羲之が扇売りの老婆のために扇に字を書いてやったので、人々が競って買ったという故事を描く。大樹のもとに坐って揮毫する王羲之を中心に2童子と老婆を、扇面の形を巧みに生かしながら調和よく配している。図中に大岳周崇(だいがくしゅうすう)の賛があり、図上に惟肖得巌(いしょうとくがん)の永享2年(1430)の追題がある。この題記によれば、この扇子は如拙(じょせつ)が描き、周崇が愛用し、のちに弟子の子鞏蔵主(しきょうぞうす)が掛幅に仕立てたことが知れる。南宋の梁楷(りょうかい)に私淑した如拙が減筆的手法を駆使して描いた好作である。

如拙筆
紙本墨画淡彩 83.1×32.6cm
室町時代(15世紀前半)
重要文化財
A甲284
京都国立博物館

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ