名品紹介

琴高仙人・群仙図(きんこうせんにん・ぐんせんず)

王羲之書扇図

雪村周継(せっそんしゅうけい)は室町時代の末期に近い頃に、関東地方にあって活躍した禅僧画家である。自ら著した画論『説門弟資』に雪舟に私淑したことを記しているが、その画風は動感にあふれ、リズムのある墨線が縦横に画面をかけめぐる。雪舟の静的で、内に秘める完璧な構築性とは好対称をなすものである。
好んで仙人を描いたらしいが、その独特の表情や、墨の濃淡と光の処理によってもたらされる色彩感は素晴らしいものであり、近世の息ぶきを感じさせている。

雪村筆
紙本墨画淡彩
(中)121.5×54.0cm
(左右)121.0×56.0cm(各)
室町時代(16世紀)
重要文化財
A甲357

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ