名品紹介

四季山水図(しきさんすいず)

四季山水図

全長10メートルを超える長大な画面に四季の景観を展開させたもの。毛利報公会に伝わる「山水長巻」に対し、俗に「山水小巻」と呼ばれる。その筆法には、明らかに中国南宋の画人夏珪(かけい)からの影響がうかがわれ、堅固な構成と謹直な筆致を特色とする。山水長巻に比して筆使いにいくぶんの穏やかさが認められ、雪舟晩年の作とする見方もある。

雪舟筆
紙本墨画淡彩
21.5×1151.5cm
室町時代(15世紀後半)
京都国立博物館
A甲358
重要文化財

拡大図


  • D
    D
  • C
    C
  • B
    B
  • A
    A
  • H
    H
  • G
    G
  • F
    F
  • E
    E
  • L
    L
  • K
    K
  • J
    J
  • I
    I
  • C:さらに拡大
    C:さらに拡大
  • D:さらに拡大
    D:さらに拡大
  • E:さらに拡大
    E:さらに拡大
  • G:さらに拡大
    G:さらに拡大
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ