名品紹介

四季花鳥図(しきかちょうず)全8幅のうち

四季山水図

大徳寺の塔頭、大仙院の方丈(檀那の間)に描かれたもので、元信(1476-1559)の代表作のひとつに数えられている。襖8面にわたる大画面が巨大な松樹を中核的題材として破綻なく構成されており、また花鳥にのみ施された濃彩がきわめて鮮烈な色彩効果を上げている。豪壮華麗な桃山障屏画に直結する要素を数多く含んだ作品といえよう。
なお本図の製作時期についてはこれまで大仙院の創建なった永正10年(1513)があてられてきたが、近時建築史の側から、方丈の大がかりな改築工事の行われた天文4年(1535)に描かれたのではないかとする興味深い説も提示されている。

狩野元信筆
全8幅のうち
紙本着色
A・B・C・D:174.5×139.5cm
他4幅:174.5×99.0cm
室町時代(16世紀)
京都 大仙院
重要文化財

拡大図


  • A
    A
  • B
    B
  • C
    C
  • D
    D
京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ