名品紹介

染付名花十友図 三重蓋物(そめつけめいかじゅうゆうず さんじゅうふたもの)

白磁陰刻 蓮華牡丹文瓶

青木木米(1767-1833)は、京焼の中興に功があり文人趣味・中国趣味・煎茶趣味豊かな陶磁器を製作した。これは3段重ねの蓋物で、各段には雲形の足がつき、下段と中段には内側を5区に区切っている。雅趣に富んだ染付(呉須)で、10種の草花とそれに対応する清友、韻友、艶友、名友、佳友、禅友、倦友、雅友、浄友、殊友の十友の文字を散らす。中国的な主題の中に器形、絵付などは京焼伝統の技法をふまえている。蓋裏、上段、中段の底裏に二重小判形の木米印を捺し、下段の底裏に染付で「陶旗職古器観木米製」の銘款を記す。また桐製春慶塗の箱には「文化十二年乙亥臈月 蘭渚室蔵 同十三年丙子閏八月 筥製」の墨書があり、これによって木米49歳頃、最も円熟した時期の作品であることが知られる。

青木木米作
高21.5 cm
縦・横16.6 x 16.6cm
江戸時代(1815)
京都国立博物館
G甲215

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ