名品紹介

織部扇形蓋物(おりべおうぎがたふたもの)

織部扇形蓋物

織部は志野とともに桃山を代表する焼物である。志野が美濃で天正・文禄ごろに優れた製品を焼造したのに対して、織部は慶長・元和ごろにつくられた。この扇形の蓋物は織部の典型的な作品の1つである。ふた表に箆(へら)目で扇の骨と地紙を表わし、骨の中央に力強い根竹のつまみを張り付け、身にも箆彫りの扇骨を表わしている。蓋には3方に、身には2方に織部独得の美しい緑釉をほどこし、白地の部分には、石畳や縞、網、梅唐草、連珠文風なものなどを組み合わせて銹(さび)絵で描いている。桃山時代に作られた本格的な食器の1つであり、時代の好みを端的に示した作品である。底は1部が露胎であり、3方にちいさな脚を貼り付けている。

高11.3cm 横幅29.7cm
縦幅24.8cm
桃山時代(16世紀)
G甲469

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ