名品紹介

青磁貼花牡丹唐草文瓢瓶 銘顔回(せいじちょうかぼたんからくさもんひょうへい がんかい)

青磁貼花牡丹唐草文瓢瓶 銘顔回

中国でも胡芦瓶(ころへい)と呼ばれる瓢箪(ひょうたん)形の瓶で、日本では花入に見立てられている。釉色も美しく、文様は四区に分けて、下から蓮華唐草、牡丹唐草、霊芝雲(れいしくも)、蓮華唐草文を貼り付け文で表している。かつて掛花入にも使用されたため、環付(かんつけ)の跡が朱漆で補修され、そこに孔子十哲の第一の人の名からとった、「顔回」の銘が黒漆で記されている。日本には桃山時代以前に将来され、花入として伝世して来たものであろう。

竜泉窯
高27.0 口径3.9 底径9.1
南宋〜元時代(13〜14世紀)
京都 曼殊院

拡大図


京都国立博物館 Twitter

ご来館くださる皆様へ
京都国立博物館からのお願い

↑ ページのトップへ